2018.03.09 夜練 ローラー88分(L4,L4,L4)

午前、電子申告、製本、返却等準備。

午後、確定申告ご返却、シャーメゾン内覧等。

夕方、長男坊空手送迎。

間隙をぬってローラー88分

  • 10分 アップ
  • 5分 レスト
  • 10分 L4(221w)
  • 5分 レスト
  • 10分 L4(207w)
  • 5分 レスト
  • 10分 L4(213w)
  • 5分 レスト
  • 28分 ダウン

どうにかL4には乗せたものの全然かからない。さすがにローラーに倦んできた。もう何日外を走っていないのか。外を最後に走ったのは1月6日ですか…

暖かくなってはきたけれど今度は花粉が…

 

年収1000万円超狙い撃ち こんなに違う所得税負担(日本経済新聞)

年収1000万円超狙い撃ち こんなに違う所得税負担

2001年と2016年をポチポチとクリックして比較してみると面白い。

700万円超から負担増となっているが、700万円以下は負担減となっているのがよくわかる。

16年に源泉徴収で所得税を納めた給与所得者は4112万人。納税額は9兆418億円だ。このうち49.9%にあたる4兆5167億円分を、給与所得者全体の4.2%に過ぎない「1000万円超」の人たちが負担している。

4.2%の1000万円超の人たちが、約半分の4兆5167億円を負担している。

法人名のフリガナ公表 法人番号公表サイトで

週刊税のしるべ 平成30年2月5日

4月2日から法人番号公表サイトで法人名のフリガナが公表されるようです。確かに見てみると、現状、フリガナは掲載されていません。アルファベットの当て字の社名だと読めないことが多くて難儀していましたからね。当然の見直し。つーか、今まで何故なかった。

寡婦控除 平成31年度税制改正で見直しか?

週刊税のしるべ 平成30年2月5日

既報ですが、寡婦控除の改正が検討されています。

「寡婦控除」に未婚の親も含めるか 結論出ず 自民税調

平成30年度税制改正では見送りとなっていましたが、31年度税制改正で見直しがされる見込みと。

現行の寡婦控除は結婚を前提としており、未婚の父母は対象外。

ただし、平成27年の子供の貧困率13.9%、ひとり親世帯だと50.8%に上昇。

婚姻を前提とした寡婦控除の制度自体が時代にあっていない。一刻も早い改正が望まれます。

記事の最後に退職所得控除の見直しについても触れていますが。どうなることやら…

マイナンバーで土地管理…「所有不明」に歯止め(読売新聞)

マイナンバーで土地管理…「所有不明」に歯止め

増え続ける所有者不明土地に歯止めをかけるため、政府は登記簿や戸籍などの関連データをマイナンバーで一括管理することを検討している。
今の制度は土地所有者に登記を義務付けていないうえ、登記簿を管理する法務局は遺族が死亡を届け出る自治体と情報を共有できていない。遺族らが煩雑な手続きを嫌がって相続登記を行わないと、所有者不明土地となりやすい。

登記に費用がかかるというのは明らかにハードルを上げています。わざわざ手間暇かけてしないのでしょう。マイナンバーで所有者が管理できるようになるのであれば、登記制度の存否にも関わってきそうですけれどね。