遺留分侵害額請求 不動産で分与した場合は代物弁済で譲渡所得に該当?


週刊税務通信 令和元年7月1日 №3562

遺留分減殺請求が民法改正に伴い、遺留分侵害額請求権となり、金銭請求を原則とすることになったのはご案内のとおりですが。

金銭で支払うところ、相続財産である不動産を分与せざるを得ないケースは普通に想定されます。地主さんとか。

その場合、代物弁済に該当し、譲渡所得課税されることになるという。

本当ですか?

なぜ譲渡の話になるのか。その該当する不動産部分については遺産分割協議の中で整理されるので所得税の範疇にはならないと思っていたのですが。

今後の情報待ち。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました