連結納税見直し これを機に単体納税に戻ることも検討


週刊税務通信 令和2年1月27日 №3590

令和2年度税制改正により連結納税制度からグループ通算制度に移行しますが。

令和4年4月1日以後開始事業年度から。

で、連結納税制度を採用している法人は、そのままグループ通算制度に移行するか、単体納税に戻るか選択。単体納税に戻る場合は、届出書の提出が必要。

ただし、即戻ることはできない。単体納税に復帰できるのは令和4年4月1日以後開始事業年度から。それまでは連結納税制度を継続。

親法人の繰越欠損金を活用した節税スキームの一環として連結納税制度を導入の動機とするケースもある一方、繰越欠損金を使い切ってしまえばメリットはなくなり、その動機だけの場合は、単体納税に戻りたい。

が、通常、連結納税の取りやめはハードルが高い。国税庁長官の承認が必要で、「やむを得ない事情があるとき」に限られているから。

単体納税に戻る絶好のチャンスとなるか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました