退職後に支払う給与は「甲欄」で源泉徴収できるのか?


週刊税務通信 令和元年6月17日 №3560

給与の支払いが、「月末締め翌月払」の場合、退職者に対する最後の給与は退職後に支払うことになる。

退職後は扶養控除等申告書の効力が失効するため、乙欄で計算することが原則。

ただし、給与支払日時点で、その退職者が再就職していない場合=別会社に扶養控除等申告書を提出していないことが明らかである場合、甲欄で計算しても実務上はOK。

とはいえ、退職者が頻出するような会社でなければ、税務調査で指摘されるケースは少ないと思われます、と。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました