路線価3年連続上昇 18年0.7%、都市部の取引活発(日本経済新聞)

Pocket

路線価3年連続上昇 18年0.7%、都市部の取引活発

国税庁は2日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年分の路線価(1月1日現在)を発表した。全国約32万4千地点の標準宅地は17年比で0.7%のプラスとなり、3年連続で上昇した。33年連続で日本一となった東京都中央区銀座5の「鳩居堂」前は1平方メートルあたり4432万円で、17年に続き過去最高を更新した。

確かに顧問先の路線価も軒並み上昇しています。都心は10%近く上昇しているんじゃないですかね。一方、埼玉についてはそこまで上昇してないですね。駅前はともかく、ちょっと田舎に来るともうダメで。市場価格としてはそういうことなんでしょう。それなのに賃貸アパートの建設ラッシュとかどうなんでしょうか。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket