行き止まり私道は固定資産税非課税でも30%相当評価


T&Amaster №776 2019.02.25

納税者は行き止まり私道は不特定多数の者の通行の用に供されている私道だから0円評価すべきと主張。

裁判所は行き止まり私道は隣接する6棟の住宅に居住する者だけに利用者は限定されていたと認められるから、宅地の30%評価が相当と判断。

固定資産税が0円だからといって財産としての時価(客観的交換価値)が0円になるわけではない。

これ、よく間違えている人がいますよね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました