“老々相続”で相続が複雑に!(NHK)


今回のおばの相続の場合、おばの夫のきょうだい(全員死亡)の子まで加わって、遺産分割協議を行う必要が出てきました。この結果、おばの相続で合意をとりつけるべき対象は、実に31人にまで増えてしまったということです。

女性は、母親に代わって、親族に連絡をとろうとしていますが、全員に連絡がつくかどうか、また会ったこともない親族との間でもめごとが起きないか不安だと言います。

なぜ自分でやろうとするのか…

費用はかかりますが、司法書士に依頼すれば全部やってくれるのでは。

“老々相続”で相続が複雑に! | NHKニュース
【NHK】高齢化が進む中、誰もが直面する可能性があります

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました