税理士ミス、訴え頻発 賠償保険支払い5年で倍増(日本経済新聞)


税理士が顧客から税優遇の受け損ないなどのミスで訴えられるケースが頻発している。税理士が訴訟リスクなどに備えて加入する賠償保険の支払いは件数、金額とも5年前の2倍に膨らんだ。納税者側がインターネットなどを通じて税情報に詳しくなっていることや、税制が毎年のように複雑になっていることが背景にあるとみられる。

消費税は言わずもがな、法人税でも制度創設当初から私は言っていましたが、やはり所得拡大促進税制の適用漏れが目立ち始めてきました。制度ある限り、税理士が訴えられる事態はなくならないでしょう。

それでも税賠の加入状況は芳しくない。加入率ギリギリ50%を超えるくらいでしょう。問答無用で保険金額マックスで加入すべきもののはずなのに。

税理士ミス、訴え頻発 賠償保険支払い5年で倍増
■納税者が税理士を優遇見逃しなどで訴えている ■訴訟リスクに備え加入する保険の支払いは5年で倍増 ■税制が年々複雑になっていることも背景にある

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました