税務手続の押印 ほとんど廃止の方向で検討 一部存置

Pocket

週刊税務通信 令和2年10月19日 №3626

行政手続きで、押印の廃止の旨の報道がされているところ、税務手続も例外ではなく。

行政手続き上の押印廃止をめぐり、加藤官房長官は午前の記者会見で、納税者の利便性を向上させる観点から、確定申告など国税関係の手続きの押印についても見直しを検討していく考えを示しました。

確定申告など国税関係手続き押印 見直し検討へ 加藤官房長官 | NHKニュース
【NHK】行政手続き上の押印廃止をめぐり、加藤官房長官は午前の記者会見で、納税者の利便性を向上させる観点から、確定申告など国税関係…

本日も上記のような報道がある次第で。

国税通則法第124条第2項の規定が見直され、税理士の押印も含めて廃止検討が俎上にあがり議論がされるようです。

ただし、納税猶予制度を利用する場合の担保提供手続き、相続税申告の遺産分割協議書については実印と印鑑証明書の添付が求められている都合上、本人証明性の厳格性の観点から押印が残る模様。

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました