礼儀ではなく儀礼を重視する人たち

Pocket

日本人は礼儀もアップデートできていない。礼儀2.0世代が感じる「相手の時間を奪う」非効率なマナー

GOROmanさんによると「礼儀1.0」は相手のために自分がいかに時間を使ったかに価値がおかれる。あなたのことを思っていますよ、と表すために時間を使うことがかつては良しとされたのだ。年賀状を送る慣習や手土産、ゴルフ接待などはその一例だ。

これは礼儀ではなく限りなく儀礼的と言っていいでしょう。

一方で「礼儀2.0」はいかに相手の時間を奪わないかが重要だという。

そういうことです。

読んでますかー当事務所に突然訪問してくる生命保険会社、不動産会社、銀行、信用金庫等々の人たちー

勝手に訪問されるのはこっちの時間を奪っています。突然の訪問で仕事を分断されると集中力が切れてイラッとしますし作業効率が極端に下がります。

電話でさえそうなんですから、少なくともメールでやりとりしてから来て欲しいものです。ノーアポで来るのは失礼なんですよ、っていう認識に早く達して欲しいものです。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket