技能実習生 ベトナム出身者は租税条約の免税条項対象外


週刊税務通信 令和元年11月25日 №3582 より

タイトルのとおりなのですが。

顧問先の会社でもやはりベトナム人の技能実習生がずば抜けて多いです。

実際、最も来日する人数が多いのはベトナムからだそうで。

にもかかわらず、日本とベトナムとの租税協定ではベトナム人への給与は免税の対象外となっているようで。

結果的に、中国、タイ出身の技能実習生が免税となるケースが多くなる、と。

来日する外国技能実習生の多い上位5か国の免税条項。

  • 1位 ベトナム 50.1% 免税×
  • 2位 中国 23.7% 免税〇
  • 3位 フィリピン 9.2% 3年間免税〇(1,500米ドル/年を超えないもの)
  • 4位 インドネシア 8.2% 5年間免税〇(60万円/年を超えないもの)
  • 5位 タイ 2.9% 5年間は免税〇

ベトナムが圧倒的なんですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました