手当ほしさ?かんぽ販売「自粛破り」か 一部の郵便局員(朝日新聞)

Pocket

保険販売を9月末まで自粛中の日本郵便が、営業手当ほしさに「自粛破り」をしている郵便局員がいるとみて、実態調査を始めた。無理な営業に走る局員の意識が変わらなければ、顧客の信頼を取り戻せない。調査の結果、ルール破りが横行する組織風土とわかれば、10月からの販売再開にも疑問符がつきそうだ。

しかし、よくやるね。職業倫理とかそういう発想すらないのであろう。カネやカネ。ノルマだノルマ。

社内資料によると、自粛中の今も全国の郵便局で1日200~300件が売られている。

上もゴーサインと行かないまでも黙認なのであろう。

手当ほしさ?かんぽ販売「自粛破り」か 一部の郵便局員:朝日新聞デジタル
 保険販売を9月末まで自粛中の日本郵便が、営業手当ほしさに「自粛破り」をしている郵便局員がいるとみて、実態調査を始めた。無理な営業に走る局員の意識が変わらなければ、顧客の信頼を取り戻せない。調査の結果…

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket

タイトルとURLをコピーしました