年末調整にマイナンバー活用=政府、来年10月導入へ検討(時事ドットコムニュース)


政府が所得税の年末調整にマイナンバーカードの活用を検討していることが21日、分かった。情報通信技術(ICT)を活用して年末調整に必要な作業負担を減らすのが狙い。2020年10月の導入を目指す。

これはまぁ想定内として。

来年10月以降は、国税庁が控除申告書を自動作成できるソフトウエアをホームページ上で無料配布する。さらに、国税庁のソフトとマイナンバーカードを取得した個人が開設できるサイト「マイナポータル」を接続できるようにする。

これはどういったものなのか。いずれにせよ業務効率化促進ツールとなりそうですね。

ゆくゆくは年末調整のソフトは不要になるし、年末調整業務も税理士事務所から淘汰されるのでしょうね。

年末調整にマイナンバー活用=政府、来年10月導入へ検討:時事ドットコム
政府が所得税の年末調整にマイナンバーカードの活用を検討していることが21日、分かった。情報通信技術(ICT)を活用して年末調整に必要な作業負担を減らすのが狙い。2020年10月の導入を目指す。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました