年末調整「紙いらず」、マイナンバー活用 20年から(日本経済新聞)


個人が所得税を申告する際の手続きが来年以降、相次いで電子化される。まず会社員が2020年から、年末調整の手続きをインターネットを通じて済ませられるようになる。医療費控除の確定申告も21年分からデータ入力が自動化する。従来の紙ベースに比べて手続きは簡便になるが、理解しておきたい点も多い。

年末調整が複雑化しすぎていてもはや手計算では絶対にできない領域に入っています。今の制度を引き続き利用していくには自動化は必須でしょう。手間も時間もかかりすぎる。

マイナンバーでもなんでもいいので、とにかく書類から転記するような仕組みからデータ入力が自動化されるシステムを構築することが早急に求められています。

年末調整「紙いらず」 来年から、マイナンバー活用
個人が所得税を申告する際の手続きが来年以降、相次いで電子化される。まず会社員が2020年から、年末調整の手続きをインターネットを通じて済ませられるようになる。医療費控除の確定申告も21年分からデータ

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました