相続相談室

東松山エリアで唯一の相続税申告・相続税対策・事業承継対策に特化した税理士事務所です。

相続税申告・相続税対策の詳細はこちら

“市街地価格指数”を用いた土地の譲渡所得の算定に注意


週刊税務通信 平成30年11月5日 №3530 より

「取得費」算定の検討材料のひとつだが適正とは言えない可能性も

平成12年の裁決事例のみを根拠に市街地価格指数により算定した取得時の時価相当額を取得費とすることは要注意。法令上の取得に要した金額を近似値に過ぎない取得時の時価相当額を取得費と判断することに、懐疑的な見方もある、と。

以下、参考の過去エントリ。

市街地価格指数による取得費推計の妥当性について(税理士界)
論壇 市街地価格指数による取得費推計の妥当性について  東京会 富田隆史先生  譲渡所得の計算における取得費が不明な場合は、譲渡収入の5%を解散取得費とすることができるけれど、バブル時に取得した物件で実際には多額の譲渡損が発生しているに...

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi