地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も(朝日新聞)


「地方銀行が存続できそうな地域と難しい地域」を見ると、東京都及び水色の地域以外は厳しいことがわかります。2行あっても競争可能は東京以外ですと10地域だけです。

この状況では新卒の希望も減っていくでしょうから、将来的には完全にじり貧です。抜本的な構造改革をしないと地銀は地域に1行ということになるのでしょうね。

相続対策での協業はいつでもお待ちしておりますので地銀の皆様におかれましてはよろしくお願いいたします。手始めに民法改正に伴う自筆証書遺言書作成及び法務局保管制度の導入からの相続サポートサービスはいかがでしょうか。いつでもお待ちしておりますよ。

地方銀行7割が減益 収益モデル崩れ、日銀への恨み節も:朝日新聞デジタル
 地方銀行の経営が厳しさを増している。全国の地銀の2019年3月期決算を朝日新聞が集計したところ、最終的なもうけを示す純利益が全体の7割で減っていた。人口減で資金需要が先細るうえ、アベノミクスによる超…

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました