割引債で8億円申告漏れ 母親遺産巡り名古屋国税(産経新聞)


(前略)

母親の死後、割引金融債の償還で得ていた現金などを意図的に除外したと国税局は判断し、重加算税などを含め約4億円を追徴課税したとみられる。

息子は取材に「自分たちの知らない現金だった。国税局の調査を受け、修正申告し全額納付した」と話した。

(中略)

息子や関係者によると、製造会社は母親の夫(故人)が昭和52年に設立。ゴルフ場から関連の機器を受注するなどしていた。

(後略)

割引債を換金していてそれを自分たちの知らない現金だったで通用すると思っていたのでしょうか。

税理士は何をしていたのか。そこまでの会社であれば顧問税理士がいたであろうはずで。

親が築き上げた会社を息子が悪名とどろかせてしまう悲劇。

カネは残したけれど…

割引債で8億円申告漏れ 母親遺産巡り名古屋国税
名古屋市で芝刈り機製造会社を経営していた母親の遺産相続などを巡り、同社役員の息子(66)らが昨年、名古屋国税局の税務調査を受け、約8億円の申告漏れを指摘されてい…

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました