公的年金 130万人に過少支給

Pocket

納税通信 第3514号 2018年3月12日

過少支給の可能性があるのは、年金から所得税が源泉徴収される人で、65歳未満で年108万円以上、65歳以上で年158万円以上の人。

対象者が所得税の控除を受けるためには「扶養控除等申告書」を提出する必要があるが、以前までは変更がなければ往復はがきの「変更なし」にチェックで投函すれば適用ができたところ、マイナンバー等の影響でA3用紙に記入する方式に変更になっており、これが多数未提出になっている模様。

お年寄りは突然変更されてもわかりませんよ。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket