公営ギャンブルの高額払戻金、大半が申告されず(YOMIURI ONLINE)

Pocket

公営ギャンブルの高額払戻金、大半が申告されず

競馬や競輪などの公営ギャンブルで2015年に国税当局への申告義務があった高額払戻金計約127億円のうち、大半が確定申告されていなかったことが会計検査院の調べでわかった。投票券の購入や払い戻しでは本人確認がなく、納税義務があっても多くの当選者が申告を怠っている実態が浮かび上がった。

まぁ、そうでしょうね。残念ながら競馬競輪やる人たちが申告なんかするわけない。

ただ、「会計検査院調べ」ということは税制改正への露払といえますから、このあたり、厳しく取り締まる前触れかもしれません。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket