会計事務所を毎年変更 はれのひ、粉飾発覚回避か(日本経済新聞)

Pocket

会計事務所を毎年変更 はれのひ、粉飾発覚回避か

成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産)の銀行融資詐取事件で、同社が2015年9月期決算以降、書類作成などをする会計事務所を毎年変更していたことが24日、関係者への取材で分かった。
15年9月期決算では4800万円の売上高が架空計上され、他の時期でも粉飾をしていた可能性がある。16年以降は税理士による税務申告もしていなかった。経理専門の従業員がいた期間はほとんどなく、篠崎容疑者がこうしたずさんな会計処理を主導していたとみられる。

どこの会計事務所も相手にしてくれなかったのでしょうね。今のご時世どこかしらで担当してくれそうなものですが、あまりにもな状況だったことが想定されます。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket