中小の資金繰り深刻 融資実行件数、申し込みの半分(日本経済新聞)


中小企業の資金難が深刻な状態に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食業や観光業では相次ぐキャンセルで需要が蒸発するように消え、金融機関には融資の相談や申し込みが殺到している。政府や日銀は企業の資金繰り対策を強化しているが、企業のニーズに追いついておらず、体制の強化などが急務となっている。

もう、とりあえず借りておく、ってのが大事ですね。業種によっては、手元資金を厚くしておく以外、今の状況でできることはないでしょう。

日本政策金融公庫ががんばっていますが、窓口が混雑して面談自体が4月にずれ込むのは仕方ないか。

中小の資金繰り深刻 融資実行件数、申し込みの半分
中小企業の資金難が深刻な状態に陥っている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食業や観光業では相次ぐキャンセルで需要が蒸発するように消え、金融機関には融資の相談や申し込みが殺到している。政府や日銀

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました