上場地銀 苦境続く 低金利長期化 6割強が減益・赤字

Pocket

上場地銀:苦境続く 低金利長期化 6割強が減益・赤字 – 毎日新

東京証券取引所などに上場する地方銀行80社(持ち株会社含む)の2018年3月期決算が17日までに出そろった。日銀の大規模な金融緩和策による低金利の長期化でもうけが縮小し、全体の6割強に当たる49社が減益か赤字となった。最終(当期)損益の合計は前期比8・4%減の9824億円と2年連続のマイナスで5年ぶりに1兆円を下回った。19年3月期は52社が減益を見込み、最終損益の合計も2年連続で1兆円を割り込む見通しだ。

だからといって情弱な高齢者相手に不要な投資信託や生命保険を嵌め込んでいいというわけでは当然ありません。まして融資先だったところをいったん返済させておいて投資信託や生命保険に加入させて、再度融資を受けさせるって。倫理基準が底を抜けているとしか思えないケースも散見されますからね。担当者ベースだと信じたいですが実際は支店ベースだったりするわけで。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket