マイナンバー 通知カード 5月25日で廃止


週刊税のしるべ 令和2年5月18日

自治体が住民にマイナンバーを通知する紙製の通知カードが今月25日で廃止。

廃止後にマイナンバーを通知するために使われる「個人番号通知書」はマイナンバー法上の番号確認書類、身元確認書類としては利用不可。

なので、今月25日以降は、

  • マイナンバーが記載された住民票
  • マイナンバーが記載された住民票記載事項証明書
  • マイナンバーカード

をマイナンバーの証明書類として使用することになる。

ただし、現行の通知カードも氏名住所等の記載事項が住民票と一致している場合は、当面マイナンバー証明書類としては有効。

通知カード廃止後は記載事項の変更ができなくなるため、引き続き通知カードをマイナンバー証明書類として利用したい場合は、早急に変更手続をとる必要がある。

が、23.24日が土日となるため、実質的には22日の金曜日が最終日となる可能性が高い。自治体によって対応が異なるので事前に確認が必須。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました