トヨタが「終身雇用」を諦めてくれた方が日本の労働者の賃金は上がる(ダイアモンドオンライン)


個人事業主からすると終身雇用とかホント無関係の話で、会社にしがみついている人は戦々恐々何だろうなぁって感想しかないのですが。

終身雇用が崩壊することで、ひとつ懸念があるとすれば、個人的には住宅ローンの審査です。借りる側ではなく、貸す側の金融機関がどうするのかってことなんですけれど。

基本的には、住宅ローンは個人事業主といいますか、フリーランスは審査が厳しいです。明日の収入もどうなるかわからないフリーランスにおいそれとお金を貸してくれるところは当然ないです。それが大企業ですと原則終身雇用ですから、審査も通りやすい。

その原理原則である終身雇用がなくなったら金融機関としてはどういう基準で住宅ローンの審査をすることになるのか。そこに興味があります。公務員以外住宅ローンの審査が厳しくなるんじゃないか。そんな気はしますが。

トヨタが「終身雇用」を諦めてくれた方が日本の労働者の賃金は上がる
トヨタ社長が「終身雇用を守るのは難しい」と発言をしたことが、ネット上で大騒動になっている。若い世代ほど「終身雇用」への憧れを持っているのだ。しかし、実際には企業が終身雇用を放棄した方が、日本人の賃金は上がる。

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました