コンテナ投資の節税策にストップか


週刊税務通信 令和2年2月24日 №3594

コンテナ投資について、器具備品として短期に減価償却費を計上して節税としていたところ、建築確認申請をしているコンテナ型トランクルームに対しては建物として耐用年数を適用すべき旨の更正処分を受ける事態が発生しているという。

https://www.arealink.co.jp/wp-content/uploads/2020/02/13162342/tdzz1.pdf

エリアリンク株式会社が2月13日付で「特別損失の計上による業績予想の修正」というIRを発表しています。

ビジネスモデルが破綻しかねない状況。ここから取り戻せるか。大変ですね。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました