ふるさと納税 適用除外自治体への寄附金に注意


週刊税のしるべ 令和2年2月24日

おっと、これは見逃しがち。

東京都、小山町(静岡県)、泉佐野市(大阪府)、高野町(和歌山県)、みやき町(佐賀県)の5自治体については、適用除外自治体として、2019年6月1日からふるさと納税の対象からは除外されている。

なので、6月1日以後の5自治体のふるさと納税については、通常の寄付金控除の適用は受けられるが、ふるさと納税部分の適用はない。

おそらく、ふるさと納税としての領収書は郵送されてきてしまうので、上記5自治体の認識がないままふるさと納税で申告してしまうと、後日、修正の連絡が来てしまうのかと。

細かいけど要注意。

既に電子申告済のところも再確認しなければ。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました