さいたま市、固定資産税の業務にAI導入 作業時間9割削減へ(日本経済新聞)


さいたま市は固定資産税の評価業務で人工知能(AI)を活用する。課税対象となる家屋の新築や増築などを判断する際、これまでは年初に航空撮影した家屋の写真を委託業者や市の職員が前年の写真と目視で比較していた。これをAIに代えることで調査時間を約9割削減し、効率よく業務を進める。

人力の非効率を考えたら、様子を見て他の市区町村でも導入していくのでしょう。

通常の自宅建設等であれば建築申請等の書類をもとに課税対象物件を確認できるのですが。それらがない場合が問題なのであって。自分からあえて申請するわけでもなし。

AIが的確に家屋の有無を判断できるため、職員が現場に赴いて調査する時間も削減できる。固定資産税の評価業務には586時間かかっていたが、AIの導入で63時間まで減らせるとみる。NECソリューションイノベータ(東京・江東)がAIの開発に携わった。

586時間が63時間ですからね。もっと短縮されていくのでしょう。

さいたま市、固定資産税の業務にAI導入 作業時間9割削減へ
さいたま市は固定資産税の評価業務で人工知能(AI)を活用する。課税対象となる家屋の新築や増築などを判断する際、これまでは年初に航空撮影した家屋の写真を委託業者や市の職員が前年の写真と目視で比較してい

 

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました