「目的逸脱の利用は遺憾」 フラット35問題で国交相(朝日新聞)


固定低金利で長年借りられる住宅ローン「フラット35」を不動産投資に使う不正が見つかった問題で、石井啓一国土交通相は7日の閣議後会見で「本来の目的を逸脱し、不動産投資目的に利用されていたとすれば遺憾だ」と述べた。住宅金融支援機構に対し、不正融資の疑いのある案件についての事実確認や不正防止策の強化を指示したことを明らかにした。

不動産投資目的が判明した場合は、一括返済ですか。無理でしょう。どうするのか。年収300万円以下の所得層が大半ということですし。

そしてその物件を漁る業者も出てくるでしょうね。

フラット35を悪用し不動産投資 「住む」偽り賃貸用に:朝日新聞デジタル
 1%程度の固定低金利で長年借りられる住宅ローン「フラット35」を、不動産投資に使う不正が起きていることがわかった。ローンを提供する住宅金融支援機構も「契約違反の可能性がある」とみて調査を始め、不正を…

 

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi


タイトルとURLをコピーしました