「一般社団設立し相続税逃れ」に課税強化の網

Pocket

「一般社団設立し相続税逃れ」に課税強化の網

業界団体やスポーツ団体、福祉団体などで広く使われている一般社団法人に対し、2018年度の税制改正で課税が強化される。これまで相続税が事実上課せられなかったことから、一般社団法人を活用した「相続税逃れ」も横行。これが問題視されたためだ。どう対応するか、頭を悩ませる企業経営者や資産家も増えそうだ。

業界団体やスポーツ団体、福祉団体においては節税が主目的ではないケースもあるでしょうから、そこまで頭を悩ませる人はいないのでは。資産家であるオーナーが相続税対策で実行したケースが困っているのでしょう。狡すっからい人は結局損をするということを身に染みて欲しいと思います。

【関連記事】

相続・贈与・譲渡・遺言・事業承継・法人についてのご相談は
埼玉県東松山市の関根盛敏税理士事務所まで
関東信越税理士会東松山支部 経理部長
関東信越税理士会埼玉県支部連合会 会員相談室相談員
嵐山町固定資産評価審査委員会 委員

@smoritoshi

Pocket